JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





Enterobacter sakazakiiの菌株における高圧加工の効果

データ
文献番号 5837
文献名 Enterobacter sakazakiiの菌株における高圧加工の効果
英文名 Effect of High-Pressure Processing on Strains of Enterobacter sakazakii
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.4 (935-937)
掲載年 2006
著者 González S Flick G J Arritt F M Holliman D Meadows B
発行機関 International Association for Food Protection
概要

トリプトソイ培地および特殊調製粉乳に接種したEnterobacter sakazakiiの4株を200〜600MPaで1分間処理した。圧力耐性の1株は600MPa処理で103分の1に菌数が減少した。両培地で菌数減少程度は異なっていた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

トリプトソイ培地および特殊調製粉乳に接種したEnterobacter sakazakiiの4株を200〜600MPaで1分間、常温で処理した。圧力耐性の1株は600MPa処理で10^(3)分の1に菌数が減少した。両培地で菌数減少程度は異なっていた。以上の結果は特殊調製粉乳に混在することが知られるE. sakazakiiを600MPa×1分間の高圧処理で、大きく減じることができることを示す。

危害情報 危害情報3957・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地
危害情報3958・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |