JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





冷却スモークサーモン中のリステリア増殖割合に対する温度、水相の塩とフェノールの含有量の影響と第2モデルの評価

データ
文献番号 5829
文献名 冷却スモークサーモン中のリステリア増殖割合に対する温度、水相の塩とフェノールの含有量の影響と第2モデルの評価
英文名 Effect of temperature, water-phase salt and phenolic contents on Listeria monocytogenes growth rates on cold-smoked salmon and e
雑誌名 International Jounal of Food Microbiology Vol.106 No.2 (159-168)
掲載年 2006
著者 Cornu M Beaufort A Rudelle S Laloux L Bergis H Miconnet N Serot T Delignette-Muller M L
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

塩分と燻製フェノール成分のL. monocytogenesの冷くんサケにおける増殖に対する影響を生理化学的分析、冷くんサケ表面へのチャレンジテストおよび文献調査により検討した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

塩分と燻製フェノール成分のL. monocytogenesの冷くんサケにおける増殖に対する影響を生理化学的分析、冷くんサケ表面へのチャレンジテストおよび文献調査により検討した。予想される増殖は温度、水層の塩分濃度、フェノール濃度等から導入される二次モデルによる予測と比較した。L. monocytogenesの挙動の予測にこの二次モデルを用いることの適正さは既に報告されている。冷くんサケ中の予測モデルにはさらに研究が必要である。

危害情報 危害情報3943・生物的危害 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |