JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





生のアルファルファもやしと使用した洗浄水からのサルモネラと腸管出血性大腸菌O157:H7の直接検出のためのPCRによる簡易法

データ
文献番号 5827
文献名 生のアルファルファもやしと使用した洗浄水からのサルモネラと腸管出血性大腸菌O157:H7の直接検出のためのPCRによる簡易法
英文名 A Simple Method for the Direct Detection of Salmonella and Escherichia coli O157:H7 from Raw Alfalfa Sprouts and Spent Irrigatio
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.11 (2256-2263)
掲載年 2005
著者 Johnston L M Elhanafi D Drake M Jaykus L-A
発行機関 International Association for Food Protection
概要

生のアルファルファもやしおよび洗浄液にSalmonella Typhimurium およびEscherichia coli O157を添加し、PCR法で直接検出することを試みた。その結果、アルファルファもやしおよび洗浄液でそれぞれ10CFU/g、100CFU/lまで検出可能であった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

PCR法による汚染微生物の検出法。生のアルファルファもやしおよび洗浄液にSalmonella Typhimurium およびEscherichia coli O157を添加し、PCR法で直接検出することを試みた。その結果、アルファルファもやしおよび洗浄液でそれぞれ10CFU/g、 100CFU/lまで検出可能であった。

危害情報 危害情報3938・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品
危害情報3939・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 その他
危害情報3940・生物的危害 サルモネラ 食品
危害情報3941・生物的危害 サルモネラ その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |