JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





フーリエ変換赤外分光法によるリンゴジュース中のAlicyclobacillus菌株の迅速な判別

データ
文献番号 5807
文献名 フーリエ変換赤外分光法によるリンゴジュース中のAlicyclobacillus菌株の迅速な判別
英文名 Rapid discrimination of Alicyclobacillus strains in apple juice by Fourier transform infrared spectroscopy
雑誌名 International Jounal of Food Microbiology Vol.105 No.3 (369-376)
掲載年 2005
著者 Lin M Al-Holy M Chang S-S Huang Y Cavinato A G Kang D-H Rasco B A
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

リンゴジュース中のAlicyclobacillus属8株の識別のためにFT-IR分析を行った。異なる菌株はPCA法で異なるクラスターを示し、SIMCA法ではグアヤコール産生・非産生の識別できることが示された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

リンゴジュース中のAlicyclobacillus属8株の識別のためにFT-IR分析を行った。FT-IRの振動バンドは1500から800cm^(-1)の範囲でAlicyclobacillus 株の細胞膜のフィンガープリント領域の成分の違いを反映した。異なる菌株はPCA(主成分分析)で明らかに異なるクラスターを示した。近似したA. acidoterrestris2株の識別もできたことから、この方法で高選択性の識別が行えることが示唆される。SIMCA ( Soft Independent Modeling of Class Analogy ) 法にはグアヤコール産生菌および非産生菌を89%識別できたことが示された。この技術は果汁飲料生産者がAlicyclobacillusの迅速検出とグアヤコールのモニタリンングに用いることができる。

危害情報 危害情報3915・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 清涼飲料水


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |