JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





電子ビームとγ線照射は切り刻まれたロメインレタス中のリステリアの集団を効果的に減少させる

データ
文献番号 5784
文献名 電子ビームとγ線照射は切り刻まれたロメインレタス中のリステリアの集団を効果的に減少させる
英文名 Electron Beam and Gamma Irradiation Effectively Reduce Listeria monocytogenes Populations on Chopped Romaine Lettuce
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.3 (570-574)
掲載年 2006
著者 Mintier A M Foley D M
発行機関 International Association for Food Protection
概要

Listeria monocytogenesで汚染したロメインレタスにCo60を照射源としてγ線照射を行い4℃で保存した.同様にγ線,または電子ビームを照射し,冷却保存を行わないものも作成した.それぞれのD10値と菌数減少から低線量の照射が効果的に菌数を減少させることが示唆された.

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

放射線によって効果的に菌数を減らすことができる.0.51 kGの照射で1.8 log単位で菌数が減少する.γ線も電子ビームも切り刻まれたロメインレタス中のL.monocytogenesを減少させるのに非常に効果的である.汚染の危険性や殺菌工程の欠如と病原菌への曝露に対して,放射線はパックサラダの消費者を守るための発展しうる有望な手段である.

危害情報 危害情報3869・生物的危害 食品 惣菜


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |