JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





調理済みローストビーフ表面におけるリステリアの増殖阻止のための酸性亜塩素酸ナトリウム処理

データ
文献番号 5778
文献名 調理済みローストビーフ表面におけるリステリアの増殖阻止のための酸性亜塩素酸ナトリウム処理
英文名 Acidified Sodium Chlorite Treatment for Inhibition of Listeria monocytogenes Growth on the Surface of Cooked Roast Beef
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.2 (432-435)
掲載年 2006
著者 Beverly R L Janes M E Oliver G
発行機関 International Association for Food Protection
概要

調理済みローストビーフ表面に付着するL.monocytognensの殺菌を,酸性亜塩素酸ナトリウム(ACS)溶液で行ったところ,500ppm以上のACS溶液で処理した場合,顕著なL.monocytogenesの発育抑制効果が得られた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

調理済みローストビーフ表面に付着するL.monocytognensは,500ppm以上の酸性亜塩素酸ナトリウム(ACS)溶液処理によって,顕著に減少し,また貯蔵中の菌数増加も抑制されたことから,調理済み食肉におけるL.monocytognens制御のための殺菌剤としてACSは有効と考えられる。

危害情報 危害情報3862・生物的危害 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |