JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





高強度パルス電気フィールドとナイシンを併用したスキムミルク中のブドウ球菌不活化の増強

データ
文献番号 5772
文献名 高強度パルス電気フィールドとナイシンを併用したスキムミルク中のブドウ球菌不活化の増強
英文名 Enhancing Inactivation of Staphylococcus aureus in Skim Milk by Combining High-Intensity Pulsed Electric Fields and Nisin
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.2 (345-353)
掲載年 2006
著者 Sobrino-López Á Martín-Belloso O
発行機関 International Association for Food Protection
概要

高強度パルス電磁場とナイシンの併用によるスキムミルク中の黄色ブドウ球菌の殺菌を検討した。両者の併用は,黄色ブドウ球菌に対して相乗的な殺菌効果を示し,極めて有効な非加熱殺菌技術であることを示した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

食品の非加熱殺菌技術の開発は,極めて高品質で安全性の高い食品を流通させる点で極めて重要である。本論文では物理的な非加熱殺菌法である高強度パルス電磁場と生物学的な非加熱殺菌法であるナイシンの併用によるスキムミルク中の黄色ブドウ球菌の殺菌を検討した。その結果,両者の併用は,黄色ブドウ球菌に対して条件は限定されるものの相乗的な殺菌効果を示し,極めて有効な非加熱殺菌技術であることを示した。

危害情報 危害情報3848・生物的危害 ブドウ球菌 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |