JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





インド北部の都市におけるインスタントのキンマの葉(Paan)とキンマの葉の浸漬に使用した水の多剤耐性サルモネラの汚染

データ
文献番号 5767
文献名 インド北部の都市におけるインスタントのキンマの葉(Paan)とキンマの葉の浸漬に使用した水の多剤耐性サルモネラの汚染
英文名 Prevalence of Multidrug-Resistant Salmonella on Ready-to-Eat Betel Leaves (Paan) and in Water Used for Soaking Betel Leaves in N
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.2 (288-292)
掲載年 2006
著者 Singh B R Singh M Singh P Babu N Chandra M Agarwal R K
発行機関 International Association for Food Protection
概要

北インドで市販されているPaanとPaan製造時の洗浄水の合計896試料における多剤耐性サルモネラ菌の汚染調査を行い,洗浄水776試料中34試料およびready-to-eat Paan120試料中4試料でサルモネラ菌陽性であった。また,すべての分離株で多剤耐性を示した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

インドではサルモネラ症の発症が極めて多いのを特徴としている。著者らはこの現象にキンマの葉(paan)を噛む習慣のあることが関与すると考え,北インドで市販されているPaanとPaan製造時の洗浄水の合計896試料における多剤耐性サルモネラ菌の汚染調査を行った。その結果,洗浄水776試料中34試料およびready-to-eat Paan120試料中4試料でサルモネラ菌陽性であり,すべての分離株で多剤耐性を示したことから,サルモネラ菌に汚染されたpaanがインド特有のサルモネラ食中毒に起因すると推察した。

危害情報 危害情報3838・生物的危害 サルモネラ 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |