JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





アイスバーグレタス (Lactuca sativa L.)の微生物制御と褐変に対するオゾン水処理の影響

データ
文献番号 5764
文献名 アイスバーグレタス (Lactuca sativa L.)の微生物制御と褐変に対するオゾン水処理の影響
英文名 Effect of Ozonated Water Treatment on Microbial Control and on Browning of Iceberg Lettuce (Lactuca sativa L.)
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.1 (154-160)
掲載年 2006
著者 Koseki S Isobe S
発行機関 International Association for Food Protection
概要

カットレタスの微生物制御と品質に及ぼすオゾン水処理の影響を調べた。その結果,オゾン水処理単独では菌数の減少は見られたが褐変が進んだ。温水処理とオゾン水処理を併用したところ除菌効果とともに褐変防止効果も見られた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

カットレタスに対して温水処理とオゾン水処理を併用すると除菌効果とともに褐変防止効果も見られることから,カットレタスの品質管理に有効な方法と考えられる。

危害情報 危害情報3835・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 惣菜


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |