JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





圧力変化に対する食中毒菌の感受性

データ
文献番号 5762
文献名 圧力変化に対する食中毒菌の感受性
英文名 Sensitivities of Foodborne Pathogens to Pressure Changes
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.1 (130-136)
掲載年 2006
著者 Chen H Guan D Hoover D G
発行機関 International Association for Food Protection
概要

8種類の食中毒菌(腸炎ビブリオ, Y.enterocolitica, リステリア菌, Sal. Typhimurium, Sal.Enteritidis, E.coli O157:H7, S.aureus, S.flexneri)の最適な高圧殺菌条件を明らかにした。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"8種類の食中毒菌(V.parahaemolyticus, Y.enterocolitica, L.monocytogenes, Sal. Typhimurium, Sal.Enteritidis, E.coli O157:H7, S.aureus, S.flexneri)の細胞に対して高圧処理を行い,最適な高圧殺菌条件を明らかにした。したがって,非加熱殺菌法として注目を集める高圧処理を食品に応用する時に制御を目的とする細菌に最適な殺菌条件を設定するときの基礎的データとなる点で重要な文献である。"

危害情報 危害情報3825・生物的危害 腸炎ビブリオ 食品 乳及び乳製品
危害情報3826・生物的危害 食品 乳及び乳製品
危害情報3827・生物的危害 食品 乳及び乳製品
危害情報3828・生物的危害 サルモネラ 食品 乳及び乳製品
危害情報3829・生物的危害 サルモネラ 食品 乳及び乳製品
危害情報3830・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品 乳及び乳製品
危害情報3831・生物的危害 ブドウ球菌 食品 乳及び乳製品
危害情報3832・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |