JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





オンタリオ州政府の監視と殺場のブタ、ウシ、トリ屠畜体サンプルから分離されたCampylobacter jejuniとCampylobacter coliの抗生物質耐性

データ
文献番号 5756
文献名 オンタリオ州政府の監視と殺場のブタ、ウシ、トリ屠畜体サンプルから分離されたCampylobacter jejuniとCampylobacter coliの抗生物質耐性
英文名 Antibiotic Resistance of Campylobacter jejuni and Campylobacter coli Isolated from Hog, Beef, and Chicken Carcass Samples from P
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.69 No.1 (22-26)
掲載年 2006
著者 Larkin C van Donkersgoed C Mahdi A Johnson P McNab B Odumeru J
発行機関 International Association for Food Protection
概要

オンタリオ(カナダ)のと畜場検査でブタ、ウシ、鶏のと体から分離したCampylobacter jejuniとC.coliの抗生物質耐性を調べた。いずれも耐性菌が存在した。ブタでは10種の抗菌剤に対して7種の耐性が存在した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

オンタリオ(カナダ)のと畜場検査でブタ(401)、ウシ(21)、鶏(435)のと体から分離したCampylobacter jejuniとC.coliの抗生物質耐性を調べた。いずれも耐性菌が存在した。カンピロバクター症で使用されるシプロフラキサシンとエリスロマイシン耐性が確かめられた。ブタでは10種の抗菌剤に対して7種の耐性が存在した。

危害情報 危害情報3818・生物的危害 カンピロバクター 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |