JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





抗生物質耐性バクテリアの国際的な媒介物としての調理済み海老

データ
文献番号 5742
文献名 抗生物質耐性バクテリアの国際的な媒介物としての調理済み海老
英文名 Ready-to-Eat Shrimp as an International Vehicle of Antibiotic-Resistant Bacteria
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.11 (2395-2401)
掲載年 2005
著者 Durán G M Marshall D L
発行機関 International Association for Food Protection
概要

4カ国由来の13種の調理済みエビから抗生物質耐性菌を分離した。1564の分離菌の42%、162の分離種の81%が耐性を示した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

4カ国由来の13種の調理済みエビから抗生物質耐性菌を分離した。1564の分離菌の42%、162の分離種の81%が耐性を示した。調理済みエビは、加熱後冷凍され販売される。加熱後皮むきや箱詰めの段階で菌数が増加し、加熱後の汚染が問題となる。抗生物質耐性菌に消費者がさらされる可能性がある。

危害情報 危害情報3800・生物的危害 指標菌としての大腸菌(大腸菌群含む) 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |