JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ノロウイルスの代替であるネコカリシウイルス不活化のための高静水圧の温度と処理時間の影響

データ
文献番号 5741
文献名 ノロウイルスの代替であるネコカリシウイルス不活化のための高静水圧の温度と処理時間の影響
英文名 Temperature and Treatment Time Influence High Hydrostatic Pressure Inactivation of Feline Calicivirus, a Norovirus Surrogate
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.11 (2389-2394)
掲載年 2005
著者 Chen H Hoover D G Kingsley D H
発行機関 International Association for Food Protection
概要

ノロウイルスの類似物としてネコカリシウイルスを用い、高圧処理による不活性化について検討した。200MPa,-10もしくは50℃で力価が5logないし4log減少した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"ノロウイルスの類似物としてネコカリシウイルスを用い、高圧処理による不活性化について検討した。200MPa,-10℃もしくは50℃で力価が5logないし4log減少した。"

危害情報 危害情報3799・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |