JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





細菌の発育速度に対する温度の影響:食物における細菌の発育をシミュレートするための主要値と変動予測を含む定量的細菌学的手法

データ
文献番号 5703
文献名 細菌の発育速度に対する温度の影響:食物における細菌の発育をシミュレートするための主要値と変動予測を含む定量的細菌学的手法
英文名 Temperature effect on bacterial growth rate: quantitative microbiology approach including cardinal values and variability estima
雑誌名 International Jounal of Food Microbiology Vol.100 No.1 (179-186)
掲載年 2005
著者 Membré J-M Leporq B Vialette M Mettler E Perrier L Thuault D Zwietering M
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

リステリア、サルモネラ、大腸菌、ウェルシュ菌、セレウス菌の発育に対する温度の影響が調べられ、菌種毎に各温度での発育を求める数式が作られた。これにより、温度変化による食品中の細菌の挙動を知ることができる。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

リステリア、サルモネラ、大腸菌、ウェルシュ菌、セレウス菌の発育に対する温度の効果が調べられた。倍数希釈した菌液を設定温度で培養し、OD600の直線部から発育速度μ値が算出された。温度は菌種により2℃から48℃とされた。μは平方根に変換後解析された。同一菌種間で菌株による大きな違いは無かったので、同一菌種の菌株はすべて同じ統計モデルで解析された。菌種毎に、温度に対するηすなわち√μがプロットされ、さらに95%の確度をもつηが示された。各温度における発育を求める数式が作られたことにより、温度変化による食品中の細菌の挙動を知ることができるようになろう。この研究はSym’Previusソフトに取り込まれる予定である。

危害情報 危害情報3744・生物的危害 培地
危害情報3745・生物的危害 サルモネラ 培地
危害情報3746・生物的危害 指標菌としての大腸菌(大腸菌群含む) 培地
危害情報3747・生物的危害 セレウス 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |