JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ポストハーベストの取り扱い、フードサービス、消費者の調理に応用可能な、洗浄によるカンタロープメロン及びハニーデュウメロンのサルモネラの減少

データ
文献番号 5693
文献名 ポストハーベストの取り扱い、フードサービス、消費者の調理に応用可能な、洗浄によるカンタロープメロン及びハニーデュウメロンのサルモネラの減少
英文名 Reducing Salmonella on cantaloupes and honeydew melons using wash practices applicable to postharvest handling, foodservice, and
雑誌名 International Jounal of Food Microbiology Vol.99 No.1 (59-70)
掲載年 2005
著者 Parnell T L Harris L J Suslow T V
発行機関 The International Union of Microbiological Societies and the International Committee on Food Microbiology and Hygiene
概要

種々の洗浄条件により、スムーズあるいは複雑なメロンの外皮表面からサルモネラ菌を除去できるかを検討した。その結果、外皮表面を水で(scrub ゴシゴシ)洗うことは、200ppmの塩素水で浸すと同等の効果が得られ、さらに塩素水で洗うことで最大の効果が得られた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

メロン外皮表面のサルモネラ菌を除去するする場合、水を用いて洗うことだけでも効果があり、さらに塩素を利用することによりその効果が大きくなる。

危害情報 危害情報3726・生物的危害 サルモネラ 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |