JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





カンピロバクター属菌のブロイラー間における伝播の定量化

データ
文献番号 5685
文献名 カンピロバクター属菌のブロイラー間における伝播の定量化
英文名 Quantifying Transmission of Campylobacter spp. among Broilers
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.71 No.10 (5765-5770)
掲載年 2005
著者 Van Gerwe T J W M Bouma A Jacobs-Reitsma W F van den Broek J Klinkenberg D Stegeman J A Heesterbeek J A P
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

ブロイラー群内におけるカンピロバクターの伝播を調べた。その結果、菌を導入後6日以内に、調べたブロイラーの5〜95%で伝播が見られた。今回の方法で用いた伝播に影響する要因の解析は、今後、ブロイラー群の感染を防御するための研究を発展させる上で利用できる。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

鶏肉のカンピロバクター菌による汚染防止を考える場合、ブロイラー群のカンピロバクター菌による汚染を防除する必要がある。菌の伝播調査には、サンプル数、群の大きさ、サンプル採取間隔などを十分に留意する必要がある。

危害情報 危害情報3715・生物的危害 カンピロバクター


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |