JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





リアルタイムRT-PCRによるエシャロットやイチゴのすすぎ水からのA型肝炎ウイルスの迅速で定量的な検出

データ
文献番号 5675
文献名 リアルタイムRT-PCRによるエシャロットやイチゴのすすぎ水からのA型肝炎ウイルスの迅速で定量的な検出
英文名 Rapid and Quantitative Detection of Hepatitis A Virus from Green Onion and Strawberry Rinses by Use of Real-Time Reverse Transcr
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.71 No.9 (5624-5626)
掲載年 2005
著者 Shan X C Wolffs P Griffiths M W
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

免疫磁気分離法により処理を行った後、リアルタイムRT-PCRにかけるA型肝炎ウイルス(HAV)の検出法の開発を行った。この方法では、HAVの濃度を20倍濃縮でき、0.5PFU程度まで検出が可能となった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

免疫磁気分離法により処理を行った後、リアルタイムRT-PCRにかけるA型肝炎ウイルス(HAV)の検出法の開発を行った。この方法では、HAVの濃度を20倍濃縮でき、0.5PFU程度まで検出が可能となった。この方法では検査に6時間しかかからず、生鮮食料品や環境中のサンプルの迅速なHAVの検査が可能となった。

危害情報 危害情報3703・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |