JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





Vibrionaceae科同定のための簡単で迅速な蛍光検出法の開発

データ
文献番号 5665
文献名 Vibrionaceae科同定のための簡単で迅速な蛍光検出法の開発
英文名 Development of a Simple and Rapid Fluorogenic Procedure for Identification of Vibrionaceae Family Members
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.71 No.7 (3524-3527)
掲載年 2005
著者 Richards G P Watson M A Parveen S
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

Vibrionaceae科同定のための簡単で迅速な蛍光検出法(COPP)を開発した。この検出方法では、全てのVibrionaceae科で蛍光発光が認められるが、非Vibrionaceae科病原菌では認められない。この検査方法は、水質や食品の検査に用いられることが期待される。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"Vibrionaceae科同定のための簡単で迅速な蛍光検出法(COPP)を開発した。この検出方法では、Vibrionaceae科(Vibrio spp., Aeromonas spp., Plesiomonas spp.)で蛍光発光が認められるが、非Vibrionaceae科病原菌では認められない。また、Vibrio cholerae O1, O139, O155では特に蛍光が強く認められた。この検査方法は、海水や汚水等の環境中の検査や、食品検査に用いられることが期待される。また、養殖場の水質検査にも応用できる。"

危害情報 危害情報3689・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む)


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |