JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





家禽屠殺体のすすぎ水からのカンピロバクター属菌数測定のための寒天培地の評価

データ
文献番号 5652
文献名 家禽屠殺体のすすぎ水からのカンピロバクター属菌数測定のための寒天培地の評価
英文名 Evaluation of Agar Plates for Direct Enumeration of Campylobacter spp. from Poultry Carcass Rinses
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.71 No.6 (3351-3354)
掲載年 2005
著者 Oyarzabal O A Macklin K S Barbaree J M Miller R S
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

家禽肉の洗浄水に含まれるカンピロバクター菌の単離と定量の効率化を検討するために,6種類の異なった培地での評価を行った.その結果,Campy-Cefexとその改良培地が最も優れた結果を与えたが,CAMPY, mCCDA, Karmaliは統計的には同等の評価であった.

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ニワトリと体処理工場からサンプリングしたと体の洗浄液中のカンピロバクターの菌数を測定する際の,理想的な培地を検索した.その結果,安価なCanpy-Cefex培地などを見いだしたことは極めて有意義な結果と言える.文献の実験でも,63.3%のニワトリと体で同菌が陽性だったことは,食品衛生学的に極めて注目しなくてはならない,食中毒の原因は身近にある.

危害情報 危害情報3672・生物的危害 カンピロバクター その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |