JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





リステリア・モノサイトジェネスの分布に及ぼす個々の遅延時間におけるストレスの影響

データ
文献番号 5651
文献名 リステリア・モノサイトジェネスの分布に及ぼす個々の遅延時間におけるストレスの影響
英文名 Influence of Stress on Individual Lag Time Distributions of Listeria monocytogenes
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.71 No.6 (2940-2948)
掲載年 2005
著者 Guillier L Pardon P Augustin J-C
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

リステリア菌の濁度(Td)分布時間において,一般的な食品工業の9つのストレス効果について検討した.ストレス細胞に対するTdの変化の主因は,個々の遅延時間の変化であることを明らかにした.ストレスが原因での多様性解析は,微生物モデル予測の信頼性を測定するために極めて重要であると推定された.

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

リステリア菌の菌数が爆発的に増加する原因を探るために,またその時期や対策を予測するために,一般的な食品産業で想定される酸やアルカリや消毒剤などのストレス条件を設定し,数学的なアプローチで検討を進めている.独自のアプローチが評価でき,また非常に難しい予測にも成功している.HACCPの観点からも,注目して参考にすべき優れた文献であると思われる.

危害情報 危害情報3671・生物的危害 その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |