JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





牛乳中のマイコバクテリウム・アビウム亜種 paratuberculosisの熱不活化

データ
文献番号 5639
文献名 牛乳中のマイコバクテリウム・アビウム亜種 paratuberculosisの熱不活化
英文名 Heat Inactivation of Mycobacterium avium subsp. paratuberculosis in Milk
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.71 No.4 (1785-1789)
掲載年 2005
著者 McDonald W L O\'Riley K J Schroen C J Condron R J
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

牛乳中のマイコバクテリウム・アビウム亜種paratuberculosisの低温殺菌の効果についてパストライザーを用いて評価した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

パストライザーによる低温殺菌がマイコバクテリウム・アビウムの亜種paratuberculosisに対して殺菌効果があるかを72、75、78℃で15、20、25秒の条件の組み合わせで検討した。サンプルは生の牛乳に1X10^(3)〜1X10^(4)organism/mlになるよう菌を添加し低温殺菌した。その結果、72℃15秒、75℃25秒、78℃15秒では>3log10以上の減少効果をその他の条件では全く菌が見られない>6log10以上の減少効果を示した。この結果からパストライザーによる低温殺菌がマイコバクテリウム・アビウム亜種の殺菌に対して非常に有効な効果を有することが示された。

危害情報 危害情報3658・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |