JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





牛の飼育環境とヒトの臨床サンプルからのソルビトール非発酵性、β−グルクロニダーゼ陰性の腸管出血性大腸菌O157共通の亜集団の同定

データ
文献番号 5614
文献名 牛の飼育環境とヒトの臨床サンプルからのソルビトール非発酵性、β−グルクロニダーゼ陰性の腸管出血性大腸菌O157共通の亜集団の同定
英文名 Identification of Common Subpopulations of Non-Sorbitol-Fermenting, ß-Glucuronidase-Negative Escherichia coli O157:H7 from Bovin
雑誌名 Applied and Environmental Microbiology Vol.70 No.11 (6846-6854)
掲載年 2004
著者 Yang Z Kovar J Kim J Nietfeldt J Smith D R Moxley R A Olson M E Fey P D Benson A K
発行機関 The American Society for Microbiology
概要

ソルビトール非発酵性、β-グルクロニダーゼ陰性の大腸菌(=病原性大腸菌O157:H7など)は同一祖先をもつクローンである可能性が高い。本研究は、簡便で解像度の高い遺伝子タイピング法(6箇所のマーカー比較)により病原性大腸菌を2群に分別できることを示した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本研究は、簡便で解像度の高い遺伝子タイピング法(6箇所のマーカー比較)により病原性大腸菌O157:H7を2群に分別できることを示したものでありHACCPの観点からは、危害菌に関する基礎知見の提供ならびに迅速鑑別法を考案した点で価値がある。

危害情報 危害情報3612・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |