JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





生物防除剤(Biocontrol Agents)と食物添加物の融合による保存リンゴのPenicillium expansumに対する防除の促進

データ
文献番号 5599
文献名 生物防除剤(Biocontrol Agents)と食物添加物の融合による保存リンゴのPenicillium expansumに対する防除の促進
英文名 Integration of Biocontrol Agents and Food-Grade Additives for Enhancing Protection of Stored Apples from Penicillium expansum
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.10 (2100-2106)
掲載年 2005
著者 Lima G Spina A M Castoria R De Curtis F De Cicco V
発行機関 International Association for Food Protection
概要

Biocontrol agents3種の酵母及び酵母様カビBiocontrol agentsのPenicillium expansumに対する拮抗効果が有機、無機カルシウム塩、天然ゴム、酸化防止剤で増強されることを見いだした。本法により環境に優しい安全なpostharvest腐敗病防止が可能となる。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

現在用いられている49種の食品添加物のとしてのBiocontrol agents3種の酵母及び酵母様カビBiocontrol agentsのPenicillium expansumに対する拮抗効果への影響を解析した。12の添加物で拮抗効果の増強が見られた。そのうちいくつかでは相加及び相助効果が見られ、低濃度の酵母(10^(6)/ml)に100倍菌数に値する拮抗効果を引き出す添加物もあった。有機、無機カルシウム塩、天然ゴム、酸化防止剤がよい結果を示した。これらの効果は今回用いたBiocontrol agentsに特異的であった。本法により環境に優しい安全なpostharvest腐敗病防止が可能となる。

危害情報 危害情報3592・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |