JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





レタス葉の殺菌剤としてのエアロゾル化ペルオキシ酢酸の効果

データ
文献番号 5579
文献名 レタス葉の殺菌剤としてのエアロゾル化ペルオキシ酢酸の効果
英文名 Efficacy of Aerosolized Peroxyacetic Acid as a Sanitizer of Lettuce Leaves
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.8 (1743-1747)
掲載年 2005
著者 Oh S-W Dancer G I Kang D-H
発行機関 International Association for Food Protection
概要

エアロゾル化させたペルオキシ酢酸の殺菌効果をレタス葉で検証した。腸管出血性大腸菌O157、リステリア菌、ネズミチフス菌を接種し10分処理すると菌量は各々10^(0.8)、10^(0.5)、10^(2.5)に減少した。60分処理では各々10^(2.2)、10^(3.3)、10^(2.7)に減少した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

エアロゾル化させたペルオキシ酢酸の殺菌効果をレタス葉で検証した。腸管出血性大腸菌O157、リステリア菌およびネズミチフス菌を接種したレタスを、10分処理すると菌量はそれぞれ10^(0.8)、10^(0.5)および10^(2.5)減少した。60分処理ではそれぞれ10^(2.2)、10^(3.3)、10^(2.7)減少した。エアロゾル化殺菌剤は水系またはガス系殺菌剤の代替となりうると思われるが、本研究は製品の保存および出荷のための簡便な殺菌法となるかもしれないことを示す。

危害情報 危害情報3564・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 食品
危害情報3565・生物的危害 サルモネラ 食品
危害情報3566・生物的危害 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |