JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





マンゴーの保管中に発生する炭疽病、軸腐れ病および細菌性黒斑の減少のためのラクトペルオキシダーゼシステム処理の評価

データ
文献番号 5573
文献名 マンゴーの保管中に発生する炭疽病、軸腐れ病および細菌性黒斑の減少のためのラクトペルオキシダーゼシステム処理の評価
英文名 Evaluation of Lactoperoxidase System Treatment To Reduce Anthracnose, Stem-End Rot, and Bacterial Black Spot Development during
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.8 (1671-1675)
掲載年 2005
著者 Le Nguyen D D Ducamp M-N Dornier M Montet D Reynes M Loiseau G
発行機関 International Association for Food Protection
概要

Xanthomonas campestris, Botryodiplodia theobromae, Colletotrichum gloeosporioidesによるマンゴーでの収穫後疾患の予防におけるラクトペルオキシダーゼシステムの効果を評価したところ、同システムは疾患発生を有意に減じた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"Xanthomonas campestris, Botryodiplodia theobromae, Colletotrichum gloeosporioidesによるマンゴーでの収穫後疾患の予防におけるラクトペルオキシダーゼシステムの効果を評価したところ、同システムは2週間、12℃での保存後の疾患発生を有意に減じた。この処理は色等の食感には影響しなかった。従って、ラクトペルオキシダーゼシステムは化学物質による真菌除去の代替として有用な可能性がある。"

危害情報 危害情報3543・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品
危害情報3544・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品
危害情報3545・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |