JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





栄養分の有無ならびに湿潤・乾燥環境下における病原菌の挙動

データ
文献番号 5547
文献名 栄養分の有無ならびに湿潤・乾燥環境下における病原菌の挙動
英文名 ---
雑誌名 平成15年度病原微生物データ分析実験作業成果報告書 (2013/01/18)
掲載年 2004
著者 土屋 禎、小沼博隆
発行機関 HACCP関連情報データベース内の『最新分析実験の紹介』ページに報告書を掲載
概要

ドライシステムの衛生面での有効性を調べることを目的として,高湿度ならびに乾燥条件下における病原菌の挙動を調べた。その結果、室温30℃・湿度90%の条件下では、栄養成分の全くない精製水中で菌数の減少は認められなかったが、湿度50%の条件下では死滅した。また、精製水に有機物であるペプトンを僅かに加えた場合は、湿度90% では増殖し、湿度50%では増殖はみられなかったが減少もみられなかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ドライシステムの衛生面での有効性を調べることを目的として,高湿度ならびに乾燥条件下における病原菌の挙動を調べた。その結果、室温30℃・湿度90%の条件下では、栄養成分の全くない精製水中で菌数の減少は認められなかったが、湿度50%の条件下では死滅した。また、精製水に有機物であるペプトンを僅かに加えた場合は、湿度90% では増殖し、湿度50%では増殖はみられなかったが減少もみられなかった。

危害情報 危害情報3473・生物的危害 腸管出血性大腸菌O157 その他
危害情報3475・生物的危害 ブドウ球菌 その他
危害情報3476・生物的危害 セレウス その他
危害情報3474・生物的危害 サルモネラ その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |