JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





鶏肉加工工場におけるListeria monocytogenesのサブタイプの分布

データ
文献番号 5496
文献名 鶏肉加工工場におけるListeria monocytogenesのサブタイプの分布
英文名 Distribution of Listeria monocytogenes Subtypes within a Poultry Further Processing Plant
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.5 (980-985)
掲載年 2005
著者 Berrang M E Meinersmann R J Frank J F Smith D P Genzlinger L L
発行機関 International Association for Food Protection
概要

鶏肉加工工場の排水口などの環境中からサンプルが6週間ごとに12ヶ月集められた。サンプルは、生産物が入れ替わる前にあらゆる場所から集められ、Listeria monocytogenesの存在の有無が調べられた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

鶏肉加工工場の排水口などの環境中からサンプルが6週間ごとに12ヶ月集められた。サンプルは、生産物が入れ替わる前にあらゆる場所から集められ、Listeria monocytogenesの存在の有無が調べられた。リステリアは生肉加工区域の床の排水口から特に見つかっていた。また、PCR法による遺伝子解析により14種が確認され、4タイプは再三にわたって発見された。このうち3種は年間を通じて発見された。これらは、生肉由来の種であると考えられる。なぜ特定の種のみが残存し、その他の種は残存しないかを検討する余地がある。

危害情報 危害情報3348・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) その他


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |