JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





冷蔵庫で保存されている間の鶏肉の病原体および腐敗細菌に対するリン酸三ナトリウム処理の効果

データ
文献番号 5484
文献名 冷蔵庫で保存されている間の鶏肉の病原体および腐敗細菌に対するリン酸三ナトリウム処理の効果
英文名 Effectiveness of Trisodium Phosphate Treatment against Pathogenic and Spoilage Bacteria on Poultry during Refrigerated Storage
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.4 (866-869)
掲載年 2005
著者 del Río E Alonso-Calleja C Capita R
発行機関 International Association for Food Protection
概要

鶏脚部にリステリア菌を腐敗・変敗菌と共に付着させ、さらに12%リン酸三ナトリウム(TSP)に浸漬して、脚部のリステリア菌の菌数増減を観察している。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

鶏レッグに腐敗・変敗菌であるBrochothrix thermosphactaを付着させ、12%リン酸三ナトリウム(TSP)に浸漬して、レッグ中のBrochothrix thermosphacta数を観察した。Brochothrix thermosphactaはTSP浸漬によってわずかな殺菌作用を受けた。TSPの殺菌作用は鶏肉のCCPに用いることができる。

危害情報 危害情報3328・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報3329・生物的危害 サルモネラ 食品 食肉製品
危害情報3330・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品
危害情報3331・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |