JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





4℃でナイシン、ジアセテートナトリウム、乳酸ナトリウムを含んだゼインでコーティングした七面鳥のフランクフルトソーセージ表面に接種されたリステリア菌の制御

データ
文献番号 5482
文献名 4℃でナイシン、ジアセテートナトリウム、乳酸ナトリウムを含んだゼインでコーティングした七面鳥のフランクフルトソーセージ表面に接種されたリステリア菌の制御
英文名 Fate of Listeria monocytogenes Inoculated onto the Surface of Model Turkey Frankfurter Pieces Treated with Zein Coatings Contain
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.4 (855-859)
掲載年 2005
著者 Lungu B Johnson M G
発行機関 International Association for Food Protection
概要

ナイシン、ジアセテート、乳酸ナトリウムを含んだコーティング剤でフランクフルトソーセージを包むことでリステリア菌を制御する方法を開発している。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ナイシン、ジアセテート、乳酸ナトリウムの併用効果が認められ、4℃で28日保存後に菌数が1.0×10^0.00に減少したことから、これらを含んだコーティング剤でフランクフルトソーセージを包むことがリステリア菌に対するCCPとなりうると考えられる。

危害情報 危害情報3326・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 食肉製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |