JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





食物からの酵母Debaryomyces hanseniiの特異的な検出のための寒天培地をベースとしたA β-グルクロニダーゼ培地

データ
文献番号 5477
文献名 食物からの酵母Debaryomyces hanseniiの特異的な検出のための寒天培地をベースとしたA β-グルクロニダーゼ培地
英文名 A b-Glucuronidase–Based Agar Medium for the Differential Detection of the Yeast Debaryomyces hansenii from Foods
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.4 (808-814)
掲載年 2005
著者 Quirós M Wrent P Valderrama M-J de Silóniz M-I Peinado J M
発行機関 International Association for Food Protection
概要

食品の腐敗・変敗菌であるDebaryomyces hanseniiを選択的に検出するDDM培地を開発した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

28種の細菌、酵母、カビのうち、DDM培地で紫色のコロニーを発生させたのはDebaryomyces hanseniiのみであった。従って、食品の腐敗・変敗菌であるDebaryomyces hanseniiを検出するにはこの培地が有効である。この培地はHACCPにおける監視(モニタリング)に使用可能である。

危害情報 危害情報3319・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |