JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





エビの加工水の逆浸透膜処理の評価に対する方法の比較

データ
文献番号 5476
文献名 エビの加工水の逆浸透膜処理の評価に対する方法の比較
英文名 Comparison of Methods for Assessing Reverse Osmosis Membrane Treatment of Shrimp Process Water
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.4 (801-807)
掲載年 2005
著者 Casani S Hansen T B Christensen J Knøchel S
発行機関 International Association for Food Protection
概要

えび皮むき処理に使用した汚水を逆浸透圧膜(RO)法によ清浄化し、生菌数も減少させ、汚水を再利用する方法について検討している。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

逆浸透圧膜(RO)による処理を行なうと、えび皮むき処理汚水に1.0×10^7.65/gあった生菌数が1.0×10^0未満に除菌され、清浄化された水は食品加工用に再利用可能となる。汚水を加工に再利用する際に重要管理点となる。

危害情報 危害情報3318・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 水産加工品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |