JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





市販の魚サンドイッチにおける水銀とOmega-3 脂肪酸量

データ
文献番号 5473
文献名 市販の魚サンドイッチにおける水銀とOmega-3 脂肪酸量
英文名 Mercury and Omega-3 Fatty Acids in Retail Fish Sandwiches
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.3 (633-635)
掲載年 2005
著者 Shim S M Lasrado J A Dorworth L E Santerre C R
発行機関 International Association for Food Protection
概要

市販サンドウィッチ中水銀量及びω-3脂肪酸量を測定した結果、水銀量はさほど多くなく、EPAやDHAはサンドウィッチにつき91~620mgであった。妊婦や授乳期には週に1〜2個食べると水銀は適量の2~40%、ω-3脂肪酸は18〜126%摂取できる。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

危害は水銀であるが、原料調達から販売までの工程において大きな水銀量の減少は期待できない。また、結果面でも健康に害を及ばす量は含まれていないことから、水銀に対してCCP設定の必要はないと考えられる。

危害情報 危害情報3315・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |