JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





高静水圧で処理されたチーズに接種したYersinia enterocolitica菌株の動き

データ
文献番号 5463
文献名 高静水圧で処理されたチーズに接種したYersinia enterocolitica菌株の動き
英文名 Behavior of Yersinia enterocolitica Strains Inoculated in Model Cheese Treated with High Hydrostatic Pressure
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.3 (528-533)
掲載年 2005
著者 de Lamo-Castellví S Capellas M LóPez-Pedemonte T Hernández-Herrero M M Guamis B Roig-Sagués A X
発行機関 International Association for Food Protection
概要

washed-curd チーズを使ってエルシニア・エンテロコリチカ菌のO:1、O:3、O:8の各血清型菌の生残や増殖における高静水圧処理後の影響を解析した結果、300MPaの処理で有意に致死的であった。また、血清型O:3型菌が最も圧力に対して抵抗性を示した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

チーズ中ではエルシニアは増殖できず次第に減少していくが、チーズの高静水圧処理は最初期の菌数を減少することにより、チーズ中の菌の減少を加速させることができるため食中毒防止の観点から高静水圧処理は有効である。

危害情報 危害情報3307・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品 乳及び乳製品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |