JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





皮むきニンジン(Daucus carota)の品質を保持する際のコーティングと青果物鮮度保持袋、ガンマ線照射の方法を組み合わせた効果

データ
文献番号 5448
文献名 皮むきニンジン(Daucus carota)の品質を保持する際のコーティングと青果物鮮度保持袋、ガンマ線照射の方法を組み合わせた効果
英文名 Combined Effects of Coating, Modified Atmosphere Packaging, and Gamma Irradiation on Quality Maintenance of Ready-to-Use Carrots
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.68 No.2 (353-359)
掲載年 2005
著者 Lafortune R Caillet S Lacroix M
発行機関 International Association for Food Protection
概要

皮をむきニンジンを、タンパク質コーティング・青果物鮮度保存包装(MAP)・ガンマー線照射の方法を組み合わせた条件下におき、その条件下での物理的(固さ、変色等)および微生物汚染の影響を調べた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

皮をむきニンジンを、タンパク質コーティング・青果物鮮度保存包装(MAP)・ガンマー線照射の方法を組み合わせた条件下におき、その条件下での物理的(固さ、変色等)および微生物汚染の影響を調べた。その結果、ガンマー線照射はニンジンの物理的性質に影響を与えなかった。通常の包装下でコーティングした皮むきニンジンは脱水を防ぐ効果的があり、同時に1kGyのガンマー線照射をすると固さが保たれていた。一方、MAP下でコーティングした皮むきニンジンは、白色化を遅らせられるが、固さには影響はなかった。今回の解析結果より、もっともよい組み合わせは、コーティングした皮むきニンジンを1kGyのガンマー線照射し、通常の包装を行うものであった。

危害情報 危害情報3286・生物的危害 該当なし 食品 食品包装詰常温流通食品
危害情報3287・物理的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |