JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





長期保管中の鶏卵の外部と内部の微生物の数の変動

データ
文献番号 5402
文献名 長期保管中の鶏卵の外部と内部の微生物の数の変動
英文名 Variations in External and Internal Microbial Populations in Shell Eggs during Extended Storage
雑誌名 Journal of Food Protection Vol.67 No.12 (2657-2660)
掲載年 2004
著者 Jones D R Musgrove M T Northcutt J K
発行機関 International Association for Food Protection
概要

鶏卵が製品化される際に行われる表面の洗浄により、長期保存の際に生じる微生物のコンタミネーションの回避にどれだけ影響を与えるかを調べた。鶏卵の洗浄により、卵表面の微生物汚染が長期間抑制された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

鶏卵が製品化される際に行われる表面の洗浄により、長期保存の際に生じる微生物のコンタミネーションの回避にどれだけ影響を与えるかを調べた。鶏卵の洗浄により、卵表面の微生物汚染が長期間抑制された。なお、卵の中身における微生物のコンタミネーションは、洗浄の有無によらず同程度であった。これより、現行の洗浄方法は、鶏卵の長期保存による微生物混入の回避に効果がある。

危害情報 危害情報3235・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |