JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





コーヒー豆におけるオクラトキシンAの減少に関する焙煎条件の効果

データ
文献番号 5388
文献名 コーヒー豆におけるオクラトキシンAの減少に関する焙煎条件の効果
英文名 Effect of Roasting Conditions on Reduction of Ochratoxin A in Coffee
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.49 No.10 (4713-4715)
掲載年 2001
著者 van der Stegen G H D Essens P J M van der Lijn J
発行機関 American Chemical Society
概要

様々な濃度でオクラトキシンAに汚染されているコーヒー豆を、市販品と同等の範囲内で条件を変え焙煎し、オクラトキシンA含量がどれだけ減少するか調べた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本文献は、商業上行われる条件に合わせてコーヒー豆の焙煎を行い、オクラトキシンAの減少効果を調べている。他文献で減少効果が30〜96%と差が大きいことに関して、著者らは商業上行われる条件では69%以上の効果があり、それを下回るものは条件設定に問題があったと指摘している。

危害情報 危害情報3221・生物的危害 該当なし 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |