JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





南アフリカのワインにおけるオクラトキシンAの定量

データ
文献番号 5383
文献名 南アフリカのワインにおけるオクラトキシンAの定量
英文名 Quantitation of Ochratoxin A in South African Wines
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.51 No.4 (1102-1106)
掲載年 2003
著者 Shephard G S Fabiani A Stockenstrom S Mshicileli N Sewram V
発行機関 American Chemical Society
概要

南アフリカとイタリアで市販されているワインの、オクラトキシンA汚染状況の報告。調査した南アフリカのワイン全てで汚染が見られたが、EUの基準値(0.5μg/kg)以下であった。イタリアでは汚染は一部であったが、基準値を上回る濃度で検出された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

JECFAの定めるオクラトキシンAの許容一日摂取量は週に体重1キロあたり100ngであり、ワインでこの量を摂取するには、毎日2Lものワインを飲むことになると著者らは推計している。しかし特に赤ワインで、高濃度のオクラトキシンA汚染が見られることも紹介しており、ワインを多く飲む国では注意が必要であると結論している。

危害情報 危害情報3216・生物的危害 該当なし 食品


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |