JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





10 μg/kgのレベルに調製されたグリーンコーヒー豆中のオクラトキシンA検出のための迅速で低価格の薄層クロマトグラフィー法

データ
文献番号 5375
文献名 10 μg/kgのレベルに調製されたグリーンコーヒー豆中のオクラトキシンA検出のための迅速で低価格の薄層クロマトグラフィー法
英文名 Rapid, Low Cost Thin-Layer Chromatographic Screening Method for the Detection of Ochratoxin A in Green Coffee at a Control Level
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.50 No.2 (243-247)
掲載年 2004
著者 Pittet A Royer D
発行機関 American Chemical Society
概要

薄層クロマトグラフィー(TLC)による炒ってないコーヒー豆中のオクラトキシンA(OTA)の10μg/kgレベルでの分析法を開発した。リン酸とジクロロメタンの混液でOTAを抽出し、ナトリウム炭酸水素塩へ液液抽出し、ジエチルエーテルでTLC分離し、UV366nm波長下で蛍光強度の目測によって検出した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

炒っていないコーヒー豆中に含まれるオクラトキシンA(OTA)の、薄層クロマトグラフィーによる検出法を開発した。汚染されていないコーヒー豆に既知の3濃度のOTAを添加したサンプルと、既にイムノアフィニティー/HPLCによってOTAが分析されている汚染されたサンプルをそれぞれ薄層クロマトグラフィーの測定結果と比較してみたところ良好な結果が得られた。迅速、安価、正確に測定できる。

危害情報 危害情報3210・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |