JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





7連続サンプリング法におけるピスタチオ中のアフラトキシンの分布

データ
文献番号 5371
文献名 7連続サンプリング法におけるピスタチオ中のアフラトキシンの分布
英文名 Distribution of Aflatoxin in Pistachios. 7. Sequential Sampling
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.48 No.9 (4365-4368)
掲載年 2000
著者 Schatzki T F
発行機関 American Chemical Society
概要

現在のEUテストプロトコルは10、20、30kgの3ステップの段階的標本抽出を適用している。しかし最初の2ステップで偏り無い領域に達する。上記プロトコルを1998年の1293ロットについて10kgの1回測定を行ったところ、95%は受け入れられ、1.5%は否定、3.5%は再試験という結果になった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

ピスタチオについて、EUで定められている3段階の連続サンプリング法および1回のサンプル量についての検討を行っている。ピスタチオは濃度変化がなだらかなため、10kg1回のサンプリングで95%のサンプルが許容されている。化学、生物、物理的な危害についての記載は無い。

危害情報 危害情報3414・生物的危害 該当なし


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |