JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





アーモンドにおけるアフラトキシンの分布。昆虫によって重大な損傷を伴ったアーモンド中の2つの濃度分布

データ
文献番号 5369
文献名 アーモンドにおけるアフラトキシンの分布。昆虫によって重大な損傷を伴ったアーモンド中の2つの濃度分布
英文名 Distribution of Aflatoxin in Almonds. 2. Distribution in Almonds with Heavy Insect Damage
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.48 No.2 (389-492)
掲載年 2000
著者 Schatzki T F Ong M S
発行機関 American Chemical Society
概要

昆虫によって破損したNePlus Ultraアーモンドの中のアフラトキシンは2つの濃度分布を持つことがわかった。実質的に、すべてのアーモンドが0.02ng/gと0.3ng/gの間のレベルを示した。さらに、1/1000個のナッツがロットの如何にかかわらず60〜600 000ng/g濃度を示した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"本文献に用いられているデータには誤りがある。同一筆者による訂正論文が翌年に出されている。Schatzki TF, Ong MS. Dependence of aflatoxin in almonds on the type and amount of insect damage.J Agric Food Chem. 2001 Sep;49(9):4513-9.こちらを参考にした方が良いと思われる。"

危害情報 危害情報3400・生物的危害 該当なし


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |