JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





トウモロコシにおけるアフラトキシン産生抵抗性の起源

データ
文献番号 5366
文献名 トウモロコシにおけるアフラトキシン産生抵抗性の起源
英文名 Sources of Resistance to Aflatoxin Production in Maize
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.49 No.5 (2652-2656)
掲載年 2001
著者 Tubajika K M Damann K E
発行機関 American Chemical Society
概要

干ばつ耐性を持つトウモロコシの遺伝子型を調べたら、Chunco以外の遺伝子型でトリプシンインヒビター蛋白量が対照に比べて多かった。Arizona, HuffmanとChunco遺伝型では果皮蝋の量が多く、アスペルギルスの増殖、トウモロコシ害虫による被害やアフラトキシンの量も少なかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

"干ばつ耐性を持つトウモロコシの遺伝型(Huffman, Z08-004, Tuxpan, PH 9, NRC 5348, Chunco, Saint Croix, Arizona)とコントロールの遺伝型(GT-MAS:gk 、Yellow Creole)を比較した。果皮蝋量が、干ばつ耐性系統では多く、干ばつのみならず、アスペルギルスやトウモロコシ害虫からも防御していた。アフラトキシンの量も少ない。"

危害情報 危害情報3208・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む)


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |