JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





標準物質2387(SRM)ピーナッツバターの栄養素とアフラトキシン濃度の標準値

データ
文献番号 5361
文献名 標準物質2387(SRM)ピーナッツバターの栄養素とアフラトキシン濃度の標準値
英文名 Value Assignment of Nutrient and Aflatoxin Concentrations in Standard Reference Material 2387 Peanut Butter
雑誌名 Journal of Agricultural and Food Chemistry Vol.51 No.23 (6745-6751)
掲載年 2003
著者 Sharpless K E Phinney C S Wood L J Yen J H Howell D W
発行機関 American Chemical Society
概要

国立標準技術研究所(NIST)とその共同研究者らによって提供されたデータを使って,標準物質2387 (SRM)ピーナッツバターの栄養素とアフラトキシン濃度の標準値が設定された。SRM 2387はAOACインターナショナルの脂肪−蛋白質−炭水化物三角形のセクター3にあります。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

SRM2387ピーナッツバター中のアフラトキシンの量は5.0ng/gであり、規制値の20ng/gをはるかに下回った。

危害情報 危害情報3204・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |