JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





ガスクロマトグラフィー−タンデム型質量分析法を用いた真菌の寒天培地中に生産するトリコテセン類スクリーニングのための迅速な方法

データ
文献番号 5350
文献名 ガスクロマトグラフィー−タンデム型質量分析法を用いた真菌の寒天培地中に生産するトリコテセン類スクリーニングのための迅速な方法
英文名 Fast methods for screening of trichothecenes in fungal cultures using gas chromatography–tandem mass spectrometry
雑誌名 Journal of Chromatography A Vol.929 No.1 (75-87)
掲載年 2001
著者 Nielsen K F Thrane U
発行機関 Elsevier
概要

Fusarium, Stachybotrys, Trichoderma, Memnoniella属が寒天培地中に生産するトリコテセン類を迅速に分析する方法が検討され、ペンタフルオロプロピオン酸あるいはヘプタフルオロ酪酸エステルのGC-MS/MS分析により16種類を迅速に分析できることが示された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本論文ではトリコテセン類のGC-MS/MSによる迅速な分析法が述べられており、ペンタフルオロプロピオン酸あるいはヘプタフルオロ酪酸エステル誘導体としたサンプル16種類を23分のクロマトグラフィーで分析できることが示されている。試験の対象としては標品と菌を培養した寒天培地が用いられており、実際の食品へはすぐには応用できない。

危害情報 危害情報3193・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |