JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





焙煎されたコーヒー中のオクラトキシンAの液体クロマトグラフィー分析の前処理としての固相クリーンアップシステムの最適化

データ
文献番号 5345
文献名 焙煎されたコーヒー中のオクラトキシンAの液体クロマトグラフィー分析の前処理としての固相クリーンアップシステムの最適化
英文名 Optimization of solid-phase clean-up prior to liquid chromatographic analysis of ochratoxin A in roasted coffee
雑誌名 Journal of Chromatography A Vol.959 No.1 (327-330)
掲載年 2002
著者 Sibanda L De Saeger S Van Peteghem C
発行機関 Elsevier
概要

焙煎コーヒー豆中のオクラトキシンAの、液体クロマトグラフィーでの分析での前処理方法が検討され、アミノカラムとイムノアフィニティーカラムを用いた処理により、クロマトグラフィーにおける妨害物質を除去できることが示された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

焙煎コーヒー中のオクラトキシンAの液体クロマトグラフィーでの分析では、オクラトキシンAと同じ保持時間を持つ他の物質が存在し定量分析が困難であった。本論文では、アミノプロピル固相抽出を前処理に用いることでその妨害物質を除去できることが示されている。焙煎コーヒーに特定された手法であるが、コーヒー飲料はポピュラーでありオクラトキシンAの分析法として応用価値は高いと考えられる。

危害情報 危害情報3188・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |