JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





Penicillium verrucosumの数を指標にしたシリアルにおけるオクラトキシンAの量の予測

データ
文献番号 5328
文献名 Penicillium verrucosumの数を指標にしたシリアルにおけるオクラトキシンAの量の予測
英文名 Predicting noncompliant levels of ochratoxin A in cereal grain from Penicillium verrucosum counts
雑誌名 Journal of Applied Microbiology Vol.97 No.3 (609-616)
掲載年 2004
著者 Lindblad M Johnsson P Jonsson N Lindqvist R Olsen M
発行機関 Society for applied microbiology
概要

Penicillium verrucosumのコロニー数量を指標にして穀物類でのオクラトキシンAの量を推測することができることより、オクラトキシンAのハイリスクの穀物同定にP. verrucosumを利用することが可能である。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Penicillium verrucosumが産生するオクラトキシンAのヨーロッパの法律上の安全量である穀物1キログラム当たり5μg量をP. verrucosumのコロニー数で評価できるかどうかを検討するために、穀物類にP. verrucosumを接種し、様々な温度と水分量で9ヶ月間観察し、オクラトキシンA量との関連についてlogistic regression analysisを用いて解析した。その結果、1000CFU P. verrucosum/gram grainがオクラトキシンAの法律上の安全値の閾値であることが示唆された。以上より、P. verrucosumの量を評価することは穀物類のオクラトキシンA量を予測する有効な指標であることが示唆された。

危害情報 危害情報3171・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |