JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





特定なペニシリウム菌株のマイコトキシン産生における基質の影響

データ
文献番号 5318
文献名 特定なペニシリウム菌株のマイコトキシン産生における基質の影響
英文名 The effect of substrate on mycotoxin production of selected Penicillium strains
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.99 No.2 (207-214)
掲載年 2005
著者 Kokkonen M Jestoi M Rizzo A
発行機関 The International Union of Microbiological Societies(IUMS) and the International Committee on Food Hygiene(ICFMH)
概要

高速液体クロマトグラフィーとフォトダイオードアレイ分析器を用いた、11種類のマイコトキシンの測定方法を示した論文。この測定法を用いて、3種のPenicillium属がどの培地でどのマイコトキシンを産出するかを調べた。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

本論文で示された高速液体クロマトグラフィーとフォトダイオードアレイ分析器を用いた測定方法は、マイコトキシンの同定、半定量に有用である可能性がある。

危害情報 危害情報3161・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |