JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





種特異性PCRをもとにしたフザリウム種の検出法とwhole seed寒天プレート法やトリコテセン分析との比較

データ
文献番号 5312
文献名 種特異性PCRをもとにしたフザリウム種の検出法とwhole seed寒天プレート法やトリコテセン分析との比較
英文名 Species-specific PCR-based assays for the detection of Fusarium species and a comparison with the whole seed agar plate method a
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.103 No.3 (271-284)
掲載年 2005
著者 Demeke T Clear R M K Patrick S P Gaba D
発行機関 The International Union of Microbiological Societies(IUMS) and the International Committee on Food Hygiene(ICFMH)
概要

種に特異的なPCR分析をFusariumの分析に適応し、培養やトリコテセン分析と比較して、その有用性を示した。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

Fusariumの同定と分析に、この文献で提案されたPCR法が有用であるかもしれない。

危害情報 危害情報3157・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |