JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





Aspergillus ochraceusによるオクラトキシン産生とコーヒーの腐敗との特別な関連

データ
文献番号 5304
文献名 Aspergillus ochraceusによるオクラトキシン産生とコーヒーの腐敗との特別な関連
英文名 Ochratoxin formation in Aspergillus ochraceus with particular reference to spoilage of coffee
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.56 No.1 (105-109)
掲載年 2000
著者 Mantle P G Chow A M
発行機関 The International Union of Microbiological Societies(IUMS) and the International Committee on Food Hygiene(ICFMH)
概要

Aspergillus ochracesは、小麦の粉末中ではochratoxin A, Bを多く産生したが、コーヒー豆や粉末中ではほとんどすべての種類の分離真菌で極少量しか産生しなかった。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

コーヒー豆については、2、3の例外的なstrainを除き、ochratoxin発生を心配する必要性は少ない。

危害情報 危害情報3147・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 緩衝液


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |