JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





純培養中のオクラトキシンA産生カビの簡便なスクリーニングの方法

データ
文献番号 5301
文献名 純培養中のオクラトキシンA産生カビの簡便なスクリーニングの方法
英文名 An easy screening method for fungi producing ochratoxin A in pure culture
雑誌名 International Journal of Food Microbiology Vol.71 No.2 (139-144)
掲載年 2001
著者 Bragulat M R Abarca M L Cabañes F J
発行機関 The International Union of Microbiological Societies(IUMS) and the International Committee on Food Hygiene(ICFMH)
概要

白米に真菌を接種し培養した際の、菌数およびergosterolとochratoxin A産生濃度を経時的に観察した結果、ergosterolの測定が真菌活性やマイコトキシン産生の指標になる可能性が示された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

HACCPにおける分析の際に、汚染真菌の活性やマイコトキシン産生を示す指標として、ergosterolの可能性を示したものである。

危害情報 危害情報3143・生物的危害 その他(エルシニア、リステリア等を含む) 培地


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |