JFIA 一般財団法人 食品産業センター
HACCP関連情報データベース

ホームへ





同位体希釈液体クロマトグラフィーと熱スプレーイオン化タンデム型質量分析法を結びつけたものによる食品中のアクリルアミドの分析

データ
文献番号 5261
文献名 同位体希釈液体クロマトグラフィーと熱スプレーイオン化タンデム型質量分析法を結びつけたものによる食品中のアクリルアミドの分析
英文名 Analysis of acrylamide in food by isotope-dilution liquid chromatography coupled with electrospray ionization tandem mass spectr
雑誌名 Journal of Chromatography A Vol.1021 No.1 (121-130)
掲載年 2003
著者 Riediker S Stadler R S
発行機関 Elsevier
概要

LC/-coupled with electrospray ionization tandem MSによる食品中の微量アクリルアミド分析(検出感度 15- 20 mg/kg :クラッカー)を行ったところ、54(飲料水)-500(シリアル) mg/kg のアクリルアミドが検出された。

データ
HACCP手法の観点からみた本文献の概要

LC/tandem MSによる食品中の微量アクリルアミド分析(検出感度 15- 20 mg/kg :クラッカー)を行ったところ、54(飲料水)-500(シリアル) mg/kg のアクリルアミドが検出され、科学的に裏づけられたデータに基づいた、従来の経験や勘による衛生管理よりも安定した安全な製品の製造が可能となる。

危害情報 危害情報3088・化学的危害


(注)本サイトは情報紹介を目的としておりますので、詳細につきましては原本や発行機関等でお調べください。

JFIA一般財団法人食品産業センター  | ご利用案内 | 免責事項 |